ヤスミン | 低用量避妊ピル

ヤスミン
ヤスミン | エチニルエストラジオール0.03mg、ドロスピレノン3mg | バイエル

価格・詳細はコチラ
info

 

ヤスミンの効果・効能・効用について

ヤスミンは第四世代の生理痛に伴うつらい症状を改善する低用量ピルです。月経困難症の治療目的のほか、経口避妊薬、月経前の不快気分障害や尋常性ニキビの治療薬として使用されることもあります。今までピルを飲むとホルモンのバランスが崩れることによって太ってしまういことがありましたが、ヤスミンはその副作用をおさえています。また同じ理由でにきびが出来て困る人も多かったのですが、にきびもできにくいので今までピルは使いにくいと感じていた方にも良いピルです。また、更年期障害のつらい症状にも効果があるので広い世代に使われています。ヤスミンには、少量の卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール)と黄体ホルモン(ドロスピレノン)が配合されており、脳下垂体に働きかけることで、性腺刺激ホルモンであるゴナドトロピンの分泌を抑え、排卵を抑制します。また、その結果、卵巣からの女性ホルモンの分泌も抑えられることから、子宮内膜症で増殖した子宮内膜の過剰な増殖を抑え、月経に伴う腰痛、下腹部痛など月経困難症の痛みを軽減するのにも有効です。

ヤスミンの服用方法について

生理初日から飲み始めます。そのまま21日間、規則正しくなるべくなら時間も同じになるように毎日飲みます(1錠/1日)。その後7日間は休薬期間です。その間に生理がきますが、こなくてもまた次の21錠を飲んで下さい。基本的に、24時間の間隔となるよう(つまり、毎日同じ時間)に服用することが望ましいとされています。 全て服用し終わった次の日から7日間の休薬期間(薬を服用しない期間)をおいてから新しいヤスミンの服用を開始します。

ヤスミンの副作用

不正出血、にきび、皮膚がかゆい、頭痛、乳房痛、乳房不快感、乳房緊満、乳汁分泌など。

 
全国送料無料


売れ筋ランキング
お探しのカテゴリー別ランキング検索可能!