バイアグラ個人輸入代行

バイアグラ
バイアグラ | クエン酸シルデナフィル | ファイザー

価格・詳細はコチラ
info

 

バイアグラの効果・効能・効用について

純正バイアグラ錠は、長年に亘る治験データなど多数 保有しており、純正品にこだわる方には安心してお使いいただける製品です。大容量であるバイアグラ100mgは、そのまま使って圧倒的なその効果を体感してみたり、一錠を2等分、 4等分に切り分けて、自分にピッタリな容量(25mg、50mgなど)で服用したりと、自由な使い方ができ、さらに経済的です。
 
バイアグラは日本では1999年の1月に承認され、同年の3月にファイザー製薬から製造・販売されたED治療薬です。日本では、その体格差に合わせて25mgと50mgが医療機関で処方されておりますが、外国では100mgも処方されており、こちらは個人輸入代行で入手することが可能です。よく勘違いされる方がいらっしゃいますが、バイアグラは生活改善薬であり、精力剤や催淫剤のように催淫作用はありませんので、効果出現したからといって勃起しっぱなしになるということはなく、性的刺激を受けてはじめて効果をあらわします。あくまで勃起を助けるお薬とお考えください。勃起の硬さ、持続時間を高めます。
 
成分であるクエン酸シルデナフィルは、一般には商標名であるバイアグラという名称が用いられています。もともとシルデナフィルは1990年代前半、狭心症の治療薬として研究・開発が始まり、第1相臨床試験において、狭心症への効果は僅かであるがペニスの勃起を促進する作用が認められ、これを適応症として発売される運びとなりました。
 
1998年にアメリカで製造・販売されると、発売直後からマスコミやインターネットなどで、「夢の薬」「画期的新薬」と騒がれ、日本にも多くの個人輸入代行業者の手によってもたらされるようになった。このような事情からか、この手の新薬としては極めて異例の短期間で当時の厚生省の製造承認が下り、1999年1月25日に日本でのバイアグラの製造が正式に承認され、同年3月23日より日本ファイザー社から医療機関向けに販売が開始されました。
 
バイアグラは、レビトラやシアリスと比べ、長年の治験データを所有しておりますので、安心してご利用いただけます。

バイアグラの服用方法について

・バイアグラは服用して30分~1時間で効き始め4時間くらい作用します。
・多少の飲酒は問題ありません。(深酒状態は問題外)
・出来るだけ空腹時に服用ください。
・食後すぐは効果がでにくいので、食事をしたら1時間以上あけてから服用してください。
・1日1錠のみの服用です。効果が出現しないからといって途中で容量を増やさないでください。

バイアグラの副作用

顔のほてり、鼻づまりが割に多くみられます。 
顔のほてり等は効果出現の合図とお考えいただれば良いと思います。
頭痛、胸やけ、色覚変化などが時々確認されますが一時的なものです。
目の充血、動悸などもありますが、どの症状の出方も個人差があります。

 
全国送料無料


売れ筋ランキング
お探しのカテゴリー別ランキング検索可能!