アイピル | 緊急避妊薬(モーニングアフターピル)

アイピル
アイピル | レボノルゲストレル1.5mg | ピラマル・ヘルスケア

価格・詳細はコチラ
info

 

アイピルの効果・効能・効用について

アイピルは、日本の医療機関でも取り扱いのある世界的に有名な緊急避妊薬ノルレボ(レボノルゲストレル)のジェネリック医薬品です。ノルレボと同等の避妊阻止率を持つ医薬品ながら、とてもリーズナブルな価格で利用できる点が人気です。性交後72時間に服用することで、100%に近い確率で妊娠を回避することができます。有効成分であるレボノルゲストレルは、黄体ホルモンの一種で構成されています。この黄体ホルモンには、受精を阻害する作用や受精卵の着床を阻害する作用があります。更に一定の量を服用するとホルモン値が変化し、万が一受精したとしても受精卵が着床できない状態を作り出します。言い換えると強制的に生理現象を起こし、受精卵かどうかは関係なく出血とも共に外に流し出すという仕組みで妊娠する事を防ぐのです。

アイピルの服用方法について

避妊ができなかった性行為後、可能な限り早急にアイピル1錠を服用します。アイピルを服用するタイミングが早ければ早いほど、避妊の成功率を高めることができます。24時間以内(1日)なら95%、72時間以内(3日)なら75%の避妊成功率とも言われています。もし服用時間が72時間を過ぎてしまった場合でも、120時間(5日)以内であれば服用した方が妊娠を避ける事ができると報告されています。アイピルはあくまで不測の避妊失敗時に望まない妊娠を防ぐ目的で服用するものです。通常以上のホルモンを摂取する為に身体への負担も重くなってしまいますので、通常の避妊薬としての服用は控えるようにしてください。

アイピルの副作用

吐き気・頭痛・倦怠感・下腹部鈍痛・乳房の張りなど。不正性器出血(月経時以外の性器からの出血)

 
全国送料無料


売れ筋ランキング
お探しのカテゴリー別ランキング検索可能!